TOP > スポンサー広告 >  ■ 誰何 (927)TOP > 未分類 >  ■ 誰何 (927)

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ 誰何 (927) 2011.12.23


 寒くなった。
 それでも雑木山をさまようと、日だまりに落葉が暖かい。
 地べたに寝転んでも清浄な感じなのは、
 微生物が死に絶えたからだろうか。
 聳えるコナラを根元から見上げると、
 空への長い階梯。
 土と風と光と水の、
 関わった時の流れ。
 (流れ?)
 寒くなった。
 裸の幹枝が、
 冬の空を線描し、
 地べたのこちらを俯瞰する。
 (俯瞰?)
 わたしは枯葉に寝そべり、
 茫然と誰何(すいか)する。
 あなたは誰なのか。
 これらの流れを決めた、
 あなたは誰なのか。
 この方向は、何なのか。
 (次元が足りない)
 それでも雑木山をさまようと、
 そちこちに新しい階層があり、
 遠い、記憶のような欠落があり、
 報われなかった思いがある。
 寒くなった。
 身一点、世界を招集すれば、
 逆光の梢は没陽に言葉し、
 開始する、
 見たこともない、
 誰かの距離なのであった。


 
 
01170003 (640x480)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。