TOP > スポンサー広告 > ■ 墓の花 (916)TOP > 未分類 > ■ 墓の花 (916)

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 墓の花 (916) 2011.08.22



 夢をみなくなった。
 見ているのだけれど、それは夢ではなくなった。
 見るのはただ現実の断片。
 夢は現実のあれやこれやで構成されるようになった。
 
 私は夢をみなくなった。
 みんなそうなのだろうか。
 映画を見ても、本を読んでも、夢のようだとは思えなくなった。
 どこかで見聞きした安い定型の偏差。
 そんなものが私を覆うようになった。
 
 今日は雨上がりに草刈をした。
 駐車場や、堆肥場の通路や、植木畑。
 ひと月以上、ほったらかしていた。
 植物は動物になってました。
 高い植木に蔓が龍のようにからみついていましたよ。
 こんなのは夢に近いのかも知れない。
 
 私は思い出すこともなくなった。
 もっと若い頃は、色んな思い出にぐっしょり濡れていたのにね。
 路地を曲がるごとに、思い出は立ち上がり、襲いかかってきた。
 歩くごとに私はずぶずぶ。
 なんて生き物をやっているんだろうと疲れ果てた。
 
 さかな。
 鳥。
 虫?
 素粒子?
 
 いや、いや、忘れてしまいました。
 あれは、あなただったのでしょう。
 
 猫が鳴くので猫を抱くと、
 猫は歳月のような生温かさで、私の膝に重い。
 この猫が生まれる前の世界を知っているし、
 たぶん、死んだ後の世界も知るだろう。
 
 外には秋虫。
 眠る私の内や外を鳴いている。
 私は夢をみない。
 思い出すこともなくなった。
  
 
 
 
 
 あのとき、

 海が膨らんだ。
 地が割れた。
 建物が倒れた。
 原発が爆発した。
 人間は蟻のように右往左往した。
 そのとき鳥はどこへいただろう。
 鳥のことは見なかった。
 そのとき魚はどこへいただろう。
 魚のことも見なかった。
 ただ津波にやられて、電気が止まって、
 水族館の魚がやられたらしい。
 橋の下に潰れたクルマがひっかかっている。
 道路に1mもの段差ができている。
 水道管が千切られ、蛇口の水は止まった。
 ホームセンターのポリタンクがなくなった。
 ガソリン携行缶もなくなった。
 土嚢袋も、コンパネも、ブルーシートもなくなった。
 スーパーが閉まった。
 コンビニも閉まった。
 ガソリンスタンドも閉まった。
 みな家に籠もってテレビをみていた。
 ラジオを聞いていた。
 ネットを探していた。
 
 
 
 あれからもうすぐ半年です。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。