TOP > スポンサー広告 >  ■ ヒグラシとヤマユリ (915)TOP > 未分類 >  ■ ヒグラシとヤマユリ (915)

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ ヒグラシとヤマユリ (915) 2011.07.23



 夕暮れに風呂に入ると、ヒグラシが聞こえる。
 そんな季節になった。
 林縁にはヤマユリが咲き開いた。
 そんな季節になった。
 
 ヒグラシは今年も、黄泉から美しい箔を散らすように音を出す。
 まいねん毎年、そこから黄泉の次元が篩(ふる)う。
 ヤマユリは薄暗い林縁に濃い香りを放ち、
 五体のメタが崩れそうになる。
 
 私は、
 と呟いて、
 わたしとは何者であったのか。
 
 未来の私が、
 今のわたしより優れている保証はないのだ、
 と、気付いて愕然とする。
 
 時は残酷に総体を刻んでゆく。
 ならばこの、いまは、現今は、
 どんな他者の紛れ込む場所なのだろう。
 私は誰のみた夢なのか。
 
 私は、
 とつぶやいて、
 ヒグラシを聴く。
 ヤマユリの香りを思い出す。
 

DSC_0404 (2) (800x531) (640x425)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。