TOP > スポンサー広告 >  ■ ねき (897)TOP > 未分類 >  ■ ねき (897)

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■ ねき (897) 2010.03.09


  
 言葉は超越だということ。
 人間は超越を組み込まれて生きている。
 または超越がなければ生きてゆけない。
 
 独立自営して三年半。
 仕事に身も心も持っていかれて、言葉から離れていた。
 昨日、久しぶりに昔の書き物を読んだ。
 
 結局は存在論をやっていたのだと思う。
 書くことによって存在を息し、存在に晒されていた。
 そのことに余り自覚的ではなかったが。
 
 人は超越がなければ生きてゆけない。
 生き物は必ず死に、有る物は必ず滅び、時は過ぎる。
 関係性そのものがそうなっている。
 その掟を呑み込むには、次元を超えるしかない。
 神も仏も言葉の場所なのよ。
 
 われわれの現実を裸にすれば、皆、生まれ老いて死ぬ、ということだけだ。
 そのことから吊り下げられるようにすれば、今日という日の奇跡が分かる。
 分かること。
 つまりは割ってゆくこと。
 
 武道の達人が瞬時の動きを小さく割るように、日々を小さく分節化すること。
 こころの身体を分節化された今に持ってゆくこと。
 それが超越ということの態様なのだろう。
 
 な? ねき。


若ねき
スポンサーサイト

コメント

 独立自営して三年半。
 仕事に身も心も持っていかれて、言葉から離れていた。昨日、久しぶりに昔の書き物を読んだ。
----
また書きものに戻っておいでな。
待ってたよ。

2010.03.10 | URL | きよ #3mESLpuo [ 編集 ]

 ありがとうございました。
 案外「書きもの」の波動は、生活に大事なんだと思うこのごろです。半分の犬をしているような時間ばかりが流れます。

2010.03.10 | URL | まつきち #wKDvV1SM [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。