TOP > 2011年04月

スポンサーサイト --.--.--

 ■ 植木畑 (908) 2011.04.24

 上天気の雨上がり。 家の前の桜の古木から、花びらが舞い散り積もっている。 地面がまぶしい。 昼前、置き場の石を片付けて、午後から植木畑の除草をした。 今年初めての草刈、草引き。 毎年7回はやっている。 ハコベ、オオバコ、ツメクサ、ナズナ、スズメノカタビラ、タンポポ…。 この間まで凍土だったところに、緑のものが柔らかい。  雨の翌日は、草引きにうってつけだ。 土がゆるんで、根が引きやすい。 引いた...

スポンサーサイト

 ■ 原発のこと 2 (907) 2011.04.23

 前回の文章を書いた、4月11日の夕方、震度6弱の直下型地震が来た。 玄関のガラスが割れ、柱が歪み、本が散乱した。 震源はまさにこの地で、村を南北に貫くように地割れが出来た。 近くの中学校の体育館は傾いた。 また断水し、ネットが繋がらなくなった。  翌日、山の水を汲みに林道を走っていた昼過ぎ、また震度6弱の揺れが来た。 震源はふもとの町。 苦労して鉄筋を入れ、積み上げ直した大谷石塀が、きれいに倒れた...

 ■ 原発のこと(906) 2011.04.23

 3号機が黒煙を上げた14日は断水したお客さん宅に水を配っていた。 午前中より午後に回ったお客さんの表情が険しくなっていると思ったが、昼のニュースで爆発の映像が流れたためと後で知った。 その夜の原子炉の空焚き騒ぎ。 テレビがないので、携帯ワンセグの小さい画面でニュースを見て、避難を決めた。  翌朝、水戸の妹宅に向かい、その途中で燃料を補給し、南相馬の両親を救出する準備を整えた。 16日、阿武隈高原...

 ■ その後(905) 2011.04.10

 4/5 出来事の意味は後からやってくる。 日常は続けられる。 どんなイマジュネーションとも別のところで 出来事は起きた。 そのことの意味がつかめないまま、 昨日と今日が続いてゆく。 そして日常は唐突に分断された。 感情が麻痺する。 人々が死に、 古里がなくなった。 そのことの意味がまだわからないでいる。 風景が変わった。 あの人もこの人も死んだ。 でも取り敢えず今日の水を求める。 今日の食料や燃料...

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。