TOP > 未分類

スポンサーサイト --.--.--

■ どんなにかいいだろう (935) 2013.07.16

どんなにかいいだろうぼくの指が白くのびてひとの見分けがつかないところにさわり星のすきまからぼくやきみの戦場がみれたらどんなにかいいだろうウイスキィに手を出すように深夜ぼくはぼくを脱ぎもうなにも苦しまないように哀しまぬよう願うのだいったい何が変わるのか問いがないのに答えばかりが溢れ真理を競っているぼくはたくさんの答えのなかで涙あふれるもう泣くことがわからなくなった泣いている自分がみえない涙をふき鼻を...

スポンサーサイト

■ 誰にも知られないように (934) 2013.07.16

誰にも知られないように言葉に近づきぼくやあなたの手足を伸ばしたくさんの雲をつくりたくさんの水をひろげ酔ったような歴史をつくるのだ。あなたの乳房は小さくて日差しや夜にふるえているあなたのうしろに指をいかせるとたくさんの声がひろがり、揺れた言葉はもっと奥にあり無限の空海にゆれている(砂は熱く立つことができない)いま若葉が風にそよぐのはきみとは関係がないのか言葉はきみとは関係がないのかきみがゆけなかった...

■ 相も変わらず (933) 2013.06.02

   生活の型。 型を鍛える。 相も変わらず。  日々、日々の型に耐える。 時おり、美しいものに出会う。 出会えたらめっけもの。 出会えたなら、 出会えたなら、そこが花。  この世がひとりなら、 花など見ぬものを。  ...

 ■ 一年半 (932) 2012.08.23

  残暑お見舞い申し上げます。  またここをサボってしまいました。 メールマガジン「まぐまぐ」は、半年発行を怠ると、 自動的に配信停止されてしまうそうです。 最低1000回はこの「日のすきま」を続けたいので、 あわてて発行している次第です。 サボった主因はまた庭作りが始まったからです。 作り仕事をすると、「すきま」がなくなります。 アタマのなかは石や土や植物や水のことで一杯になります。 それはたぶ...

 ■ 鳥 (931) 2012.02.23

   庭先で焚き火していたら、 上空高く鷹が一羽静止していた。 時おり羽ばたいて、気流を掴んでいる。 あんなに高いところに鳥がいる。  私は地表で火を燃やし、 燃えたものが炭になり、 ちろちろちろちろ熾になるのを見ていた。   焚き火をすると、空気が暖められて、 向こうの景色が揺らめいて見える。 それは何の喩だったか。   海の見える風呂で身体をほぐしていると、 目の前の大ガラスにくっきりと、鳥の...

«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。